忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねえ、耀くん」
「…いつまでいる気あるか」
「だって耀くんちの暖房好きだもの」
まあいい、勝手にするある、と王耀は呟いた。もうすぐ元旦なのにちゃんと準備せず、予告なしにこっちに来るなんて、まったく困るものだ。これで北部地域の気温がまた下がり始めるのは言うまでもない。
「耀くん」
「またどうしたあるか」
「今日は何の日って知ってる?」
「元旦の前日の前日ある」
「…耀くんのお正月って旧暦じゃないの?」
「元旦は旧暦に関係ないある」
「もっと面白い事言ってよ」
「梅艳芳が亡くした日あるか?」
「他は?」
「南/アフ/リカと外交関係…」
「…耀くん大嫌い」
「嫌いならさっさと帰るよろし、クソガキが」

「耀くん、お腹すいちゃった」
「まだいるあるか」
「耀くんってお客さんに熱心なのに僕にご飯くらいおごってくれないの…?」
「お前という客を招待した覚えはねーあるよ」
「ひどいなぁ」
「…しょうがねーあるな。今作るから大人しく待っていろある」
イヴァンの薄金色の髪を撫でて、王耀は台所へ向かった。
心地よい音と共に、美味しそうな匂いが漂ってきた。
「できたある」
「さすが耀くん…料理腕超一流」
「我の食文化をなめんなあるよ」
色鮮やかな料理がイヴァンの前へ運ばれて、最後に出てきたのは小さな茶碗だった。
「なに、これ」
普通に見える麺類のようなもので、緑の野菜と散った卵が飾ってある。少し湯気が立っていて、暖かい味がする。
「これは、長寿麺ある」
「長寿麺って…」
「この一本麺を切ることなく食べれば、長寿になるあるよ」
「僕らに長寿なんて意味ないと思うけどね…」
「人の好意を素直に受けるよろし!」
「あはは。冗談ってば。耀くんは食べないの?」
「うちの長寿麺は、誕生日の人が食べるものある」
「えっ…」
イヴァンの驚く声に、四千歳に見えない童顔が綺麗な薄い赤に染めた。
「…誕生日、おめでとう。イヴァン」

「ねえ、知ってる?僕はね、もともと誕生日が大嫌いなんだ」
「なぜあるか」
「この日になると、一年の生活も命も終わる。…なんだか、自分が死の象徴になったみたい」
「ある程度に言えばお前は確かに死神あるな」
「…そんなに素直に言うと傷つくよ」
「しかし、イヴァン、」
その紫瞳を見据えて、王耀は言った。
「終わりがなければ始まりがないある。確かお前の誕生日はすべての終わりに違いないが、すべての始まりを孕んでいるある」
「だから誕生日を嫌う必要はないある。楽しく過ごすよろし」
「…複雑ね。なんだかわかんないなぁ」
小さく笑って、イヴァンはいきなり王耀をベッドに押し倒した。
「アイヤ!何をするあるか!」
「耀くんが言ったように、誕生日を楽しく過ごします」
「こんなことじゃ…っん」
自分の唇で王耀の口を塞ぐ。大嫌いな自分の誕生日を楽しく過ごすために会いに来たのよ、耀くん。
今年の誕生日プレゼント、耀くんをいただきます。
PR
“呐,耀君”
“……你打算在我这呆到什么时候?”
“我喜欢耀君家的暖气嘛”
算了随便你好了,王耀嘟囔着。快到元旦了这家伙不好好的呆在自己家里准备,连个招呼都不打就跑到这儿来,拖他的福北方又要大降温了。
“耀君”
“又怎么了?”
“知道今天是什么日子么?”
“元旦前两天。”
“……你不是过旧历新年的吗?”
“过不过旧历新年今天都是元旦前两天。”
“说点有意思的嘛。”
“有意思的……梅艳芳去世?”
“没有别的了吗?”
“神四发射成功?和南/非建交?还有什么?”
“……我最讨厌耀君了。”
“讨厌的话就?紧回自己家去吧你这浑蛋小鬼。”

“耀君,我饿了”
“……你还没走啊。”
“都说耀君待客最热情了结果我来了都不请我吃顿饭的吗……”
“我不记得我有招待过你这样的客人。”
“好过分啊耀君……”
“行了,你乖乖呆在这里,我去做就是了”
无奈的揉揉黏在自己身边的伊万的淡金色短发,王耀起身走向了厨房。
炒菜的声音听起来异常的美好。没过多久,饭菜的香味就从厨房里传了出来。
“完成了”
色香味俱全的菜肴被端上餐桌,引得人食指大动。
“不愧是耀君,料理手腕超一流”
“那是必然的,不要小看我四千年的文化”
王耀得意的说着,把最后的一个小碗放在伊万面前,然后在伊万对面坐了下来。
“……耀君,这是什么?”
看起来很普通的清汤白面,配上鲜绿的蔬菜和金黄的蛋花,有一种特别的温暖味道。
“这是长寿面,中间不断开完整的吃完的话就可以长寿”
“长寿对我们来说好像没什么意义……”
“……难得别人的好意你就不能好好地接受吗”
“呵呵,开玩笑啦。耀君不吃么?”
“在我家,长寿面是给过生日的人吃的”
“诶?”
伊万惊讶的看向王耀,和四千岁的年龄完全不符的童颜染上了微微的红色。
“……生日快乐,伊万”

“知道么,耀君,我以前很讨厌自己的生日的”
“为什么?”
“每当这一天到来的时候,一年的生活和生命都会走向终结。……总觉得,自己就像是死的象征一样”
“从某种程度来说你确实是个死神呢。”
“……说得这么直接的话我还是会受伤的。”
“不过,伊万,”王耀直视着那双清?的紫瞳,“没有终结,也就没有开始。你的生日是一切的终结没错,不过也孕育着一切的新生。”
“所以,你没必要讨厌自己的生日。生日只要开心的过就好”
“……好复杂,总觉得不太明白呢”
伊万低声笑着,突然趁王耀一个不注意把他压倒在了床上。
“喂!伊万你想干什么!”
“耀君你自己说的,生日要开心的过”
“我不是指这种……唔”
用自己的唇堵住王耀的嘴,伊万心里异常的愉快。
为了开心的过一个生日,所以我才来见你的哦,耀君。
今年的生日礼物,我就不客气的收下你了。
PREV ←  HOME

自分

HN:
三井雪媛
性別:
女性
職業:
宅女
趣味:
ACG、NBA、読書、撮影
自己紹介:
一生露中厨
生涯露中厨として生きていきます

愛しい家族たち:

长子 染溪<温柔隐忍的兄长>
08.2.22


二子 羽澄<难以看透的两极天使>
08.5.26
Photobucket

三子 羽澈<自恋的魅惑妖精>
08.5.18
Photobucket
以下N子检讨中

大小姐 络樱<娇俏单纯的可爱少女>
08.4.2
Photobucket

二小姐 梓萝<无口系神秘姑娘>(是你自己爱人家不够啦
08.11.17
三小姐 铃兰<甜美可爱的小淑女>
09.5.5
Photobucket

大宝宝 梦叶<天真烂漫的小公主>
08.9.14
Photobucket
二宝宝 雏桃<活泼元气的小大人>
09.2.22
Photobucket

僕たちの歌を聞いて

ボソボソ独り言

饭否

カウンター

カウンター

一言

[01/20 小泉貓熊]
[05/15 Backlinks]
[06/29 風偃]
[06/29 小泉貓熊]
[04/19 小泉貓熊]

ちょっと話したいこと?

バーコード

ブログ内検索

最新トラックバック

Copyright (C) 2017 My Freezing Garden All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]